相談無料 受付:平日9時~19時

 

 

直接無料相談する

債権回収

家賃滞納や債権回収でお困りの方へ

滋賀県守山市弁護士の円城法律事務所の債権回収相談です。

債権回収の解決方法は、大きく分けると、「仮差し押さえ」「弁護士が促進代行(内容証明郵便通知など)」「支払督促・訴訟手続き」「売掛金・給与・不動産など資産の差し押さえ」「高額動産の差し押さえ」の5つの方法があります。また、家賃滞納で建物の明け渡しを求める場合には、「建物明け渡し訴訟」を提起して解決を図ります。

どの方法が最適な解決手段かは、状況によって異なりますが、二の矢、三の矢を放って迅速・機動的に相手にプレッシャーをかけていく必要があります。

そこで、弁護士に委任していただいて、弁護士が状況に応じて迅速・機動的に次々と対応策を講じていくとともに、あなたが法的な処置を取ることも辞さないという覚悟を相手に示してプレッシャーをかけていくことが有効になります。

当事務所では、まずあなたの状況をお聞きし、あなたのケースに沿った解決策とそれぞれのメリット・デメリットを丁寧にご説明いたします。

その上で、当事務所をご利用になるかどうかをお決めいただけます。
まずは、円城法律事務所の法律相談をご利用ください。

1、 お悩み

事業主の方

  • 取引先に融資をしたが返してもらえない
  • 売掛金を回収できない
  • 損害を与えられ50万円で示談したが支払ってもらえない

など

個人の方

  • 知人にお金を貸したが返ってこない
  • ケガさせられたので10万円で示談したが支払ってもらえない
  • 滞納家賃を支払ってもらえない
  • 長期家賃滞納者を退去させたい

など

2、 滋賀守山の弁護士の当事務所でどのように解決できるか

(1) 法律相談

まず、あなたの悩みが何なのかをじっくりとお時間をとってお話しを伺います。
未回収債権を放置していてはそのまま泣き寝入りするだけですし、ご自分で相手に請求してみても、のらりくらりかわされて一向に回収できないのが実情でしょう。弁護士が代理人となって、あなたに代わって二の矢、三の矢を放って解決方法を取っていくことが有効な場合が多いのです。

そこで、あなたのケースでは下記に上げる解決方法のうち、どの解決方法を取っていくのが有効か、それぞれのメリット・デメリットをご説明させていただきます。そして、あなたのケースに沿って、あなたの立場で弁護士がアドバイスやご提案をさせていただきます。

法律相談にかかる弁護士費用(滋賀守山円城法律事務所)

相談料は初回2時間まで5,400円(税込)。
(2回目以降は30分 5,400円・税込)

弁護士の法律相談は30分単位が多いですが、滋賀守山の弁護士、当事務所では、初回、2時間じっくりお時間を取ってお話しを伺い、丁寧にアドバイスさせていただきます。

(2) 具体的な解決方法

  1. 仮差し押さえ

    相手方の資産を調査し、資産があれば、仮差押えを裁判所に申し立て相手方の財産流出・隠ぺいを防止し、財産を保全する手続きを取ります。

    訴訟などで闘っても、相手が財産を隠したり、流出させたりすれば、せっかく勝訴判決を受けても、差し押さえるべき財産が見つからず、徒労に終わってしまいます。そこで、相手にこちらの動きを察知される前に、裁判所に仮に差し押さえを認めてもらい、財産を保全しておく必要があるのです。

    ただし、この手続きを申し立てるには、一定の担保金を納付する必要があり、こちらの債権の金額と相手方が財産を隠ぺい・流出する危険度とを見比べてその申し立てを行うか判断することになります。

  2. 支払を促す内容証明郵便通知

    弁護士名で、相手方に対して支払を促す内容証明郵便通知を出します。
    更に、弁護士から電話をかけて、支払いを強く督促します。
    弁護士名で通知を出したり、弁護士から電話をすることで、相手方があなたの本気度を知り、債権を回収できることが一定程度期待できます。

  3. 支払い督促、または訴訟により勝訴判決取得

    裁判所からの通知が相手方に届きますので、この段階で支払ってくる債務者もいます。
    あるいは、裁判所で和解し分割払いなどで支払わせる方法を取ります。

  4. 相手方の売掛金や給与、預貯金、不動産などの差し押さえ

    相手方の有する取引先への売掛金や勤務先の給与の差押え手続きを取り、裁判所の執行力により支払を受けます。
    また、間接的効果として、相手方が事業者であれば売掛金を差し押さえられると、取引先に裁判の内容がばれてしまい、相手方の信用問題になりますし、個人の場合には、勤務先にばれてしまうので、やはり信用問題になり、慌てて全額を支払ってくるケースもあります。

  5. 高額動産差し押さえ

    相手方の自宅、会社内にある贅沢品の差押えを行う手段もあります。
    自宅や会社内に裁判所の執行官が訪問してきますので、相当なプレッシャーとなります。

  6. 建物明け渡し訴訟の提起

    賃料未払いの場合には、賃貸借を解除し、建物明け渡し訴訟を提起し、勝訴判決を得て、明け渡しの執行を受けます。

債権回収解決手段にかかる弁護士費用

(滋賀守山の弁護士円城法律事務所・実費は別途発生します)

代理人契約(弁護士が代理人として訴訟活動等を行います)
★債権額が100万円以上の場合
 一般民事に準じます。
★債権額が100万円未満の場合
 ▽裁判所利用ありの場合(上記ア~オまでのフルセット)
  着手金    54,000円(税込)
  成功報酬金  経済的利益の27.0%(税込)
  (成功報酬金は債権回収に成功した場合のみ発生します)
 ▽裁判所利用なしの場合(上記イのみで終わる場合)
  着手金    54,000円(税込)
  成功報酬金  経済的利益の21.6%(税込)
★建物明け渡し訴訟
  着手金    270,000円(税込)
  成功報酬金  10.8%(税込)
  (成功報酬金は債権回収に成功した場合のみ発生します)
  • 建物明け渡し強制執行は、上記に加えて100,800円かかります
  • 回収可能性の程度に応じて若干調整させていただきます
  • なお、着手金、成功報酬金、経済的利益、実費の意味については、弁護士費用のページ

法律相談のご予約はこちら

電話でのお問い合わせ077-584-5400
電話でのお問い合わせ077-584-5400
メールでのお問い合わせ

円城法律事務所 所在地: 滋賀県守山市守山市守山1丁目1-12 竹村ビル301号 アクセス詳細→